歯科口腔外科│岡山市南区で歯科をお探しの方はもみの木歯科クリニックまで

086-239-8846

診療時間
9:00~12:30
13:30~19:00

▲:土曜の午後は13:30~18:00の診察。
休診日:月曜・日曜・祝日
※ただし、祝日のある週は月曜日を振替として診察。

歯科口腔外科Oral Surgery

歯科口腔外科とは

歯科口腔外科では、歯や歯ぐきだけではなく、顎・舌・口腔粘膜などお口にまつわるさまざまな症状を診療しています。

  • 「口の中に違和感がある」

  • 「親知らずが気になる」

  • 「顎が開かない」

  • 「口の中にできものがある」

  • 「口をケガした」

などの症状は、当院へご相談ください。

親知らずの抜歯

親知らずとは、永久歯のもっとも奥に生える歯のことで、20歳前後の大人になってから生えてくることがほとんどです。
親知らずは必ず抜かなければいけない、というわけではなく、まっすぐに生えていて、丁寧なブラッシングなどで親知らずの健康を維持できていればそのままで問題ありません。
歯ブラシが届きにくく、むし歯や歯周病になってしまった場合や、痛みや腫れを何度もくり返す場合、手前の歯に悪影響がある場合は抜歯をおすすめしています。
親知らずが横向きに生えたり、歯ぐきに埋まっていたりする難しい抜歯も、まずは当院にご相談ください。

早めに抜歯をした方がよい親知らず

親知らずが、横向きや斜めに生えてきた場合は、隣り合っている手前の歯がむし歯になるリスクや、手前の歯を圧迫して歯ぐきが炎症を起こすリスクがあるため抜歯をおすすめします。
埋まっている親知らずも歯ぐきの中で、手前の歯に炎症を起こしていることもあります。
このまま放置していると歯と骨が癒着してしまい、抜歯の際に骨を削る処置が必要になる場合があるのです。
年齢を重ねると、このように抜歯の際の負担や、痛みや腫れも長引く可能性があるため、早めの抜歯がいいとされています。

顎関節症

顎関節症とは、顎関節やその周囲の筋肉が何かしらの原因によって正常な機能をしていない状態です。
大きい口を開けることができない、口を開けるとポキポキ、カクンカクンと音が鳴る、口の開閉で痛みがあるなどの症状が見られます。
軽度の顎関節症であれば、自然と症状が落ち着くこともありますが、重症化すると外科手術での治療が必要なケースもあります。
当院では、精密な診査・診断を行い、適切な治療を行います。
顎の違和感や痛みがありましたら、がまんせずに、お気軽にご相談ください。

舌の異常と病気

舌がただれている、しこりやできものができている場合は、口内炎が炎症を起こしているものから、舌がんといった進行性のものまでさまざまなことが原因で起こります。
また、舌はご自身の身体の健康状態が現れやすい部位です。
胃腸が弱っているときや、内臓の疾患がある、免疫力が下がっているときなどでも舌に異常がみられるケースもあります。
舌は、味覚を感じるのに重要な臓器ですが、ストレスなどで味覚障害や舌痛症を引き起こしお食事が楽しめないこともあります。
このように、舌は心身の健康状態が現れやすく、じつは大きな病気が隠れていることもありますので、おかしいなと感じたら早めに歯科医院を受診しましょう。

お口のケガ

歯科口腔外科では、お口周りのケガの治療も対応しています。
歯が折れたり抜けた場合はもちろん、唇や舌の裂傷などのお口周りのけがをした場合はご相談ください。
治療は歯へのダメージを考慮し、他の歯とのかみ合わせや、食事や会話に違和感がないように考慮した治療を行います。

歯が抜けてしまったら…

自転車などでの転倒やスポーツでの事故で、歯が抜けたり折れたりした場合でも、元の状態に戻せる可能性がありますので捨てずに保管することが大切です。
抜けた歯や折れた歯の破片は、牛乳に漬けて、できるだけ早く歯科医院までお持ちください。
牛乳は、乾燥を防ぐことはもちろん、お口の中に環境に近い中性の飲みものですので、歯の根に付着した歯根膜などの組織を生かしたまま運んでくることができます。
事故の場合によっては牛乳がないこともありますので、その場合はお口の中にいれたままご来院ください。
時間の経過とともに、歯を元に戻せる可能性は低くなります。
30分以内の来院が望ましいですが、頭を打っている場合はまずはそちらの検査を優先して、命に別条がないことを確認することが大切です。

歯ぎしり・食いしばり

歯ぎしり・食いしばりをしているときは、体重の約2~5倍の力が歯にかかっているといわれています。

歯ぎしりは、歯をすり減らし、かみ合わせが悪くなるだけでなく、慢性的な肩こりや頭痛の原因にもなります。
歯ぎしり・食いしばりは、歯と全身の健康を守るためにも治療することが大切です。

当院では、歯ぎしり・食いしばりの症状緩和のために、患者さんお一人お一人に合わせたオーダーメイドの透明なマウスピースを製作し、治療を行います。
就寝中など決まった時間に装着することで、歯の負担を軽減します。透明なマウスピースなので、目立たず快適にご使用いただけることも魅力の一つです。
歯ぎしり・食いしばりでお悩みの方はご相談ください。