ホワイトニング│岡山市南区で歯科をお探しの方はもみの木歯科クリニックまで

086-239-8846

診療時間
9:00~12:30
13:30~19:00

▲:土曜の午後は13:30~18:00の診察。
休診日:月曜・日曜・祝日
※ただし、祝日のある週は月曜日を振替として診察。

ホワイトニングWhitening

歯科のホワイトニングなら
歯を削らずに本来の白さを取り戻せます

このようなお悩みをお持ちの方には歯科のホワイトニングがおすすめです

  • 自然な白さにしたい

  • 大切なイベントに合わせて歯を白くしたい

  • ホワイトニングで歯に負担をかけたくない

  • 安全にホワイトニングを行いたい

  • 白さを長持ちさせた

歯の黄ばみや変色が気になると、口元に自信が持てず、消極的になってしまうことも。輝く白い歯は、お顔全体を明るくし、健康的で清潔感のある印象を与えます。患者さん一人ひとりのお悩みに合わせたホワイトニングで、歯の白さを取り戻しましょう。

歯が黄ばんでいく理由

  • 加齢

    歯の表面にあるエナメル質は、年齢とともに薄くなるため、内側にある象牙質の色が透けて、歯が黄ばんでいるように見えます。

  • 飲食物からの着色

    カレーやコーヒーなど、色の濃い食べものや飲みものに含まれる色素がエナメル質に付着します。蓄積された着色汚れが、黄ばみの原因となります。

  • 喫煙の習慣

    タバコの煙に含まれるヤニが、歯の表面に付着します。ヤニは粘着性があるため、着色の原因になるだけでなく、飲食物の色素が付着しやすい状態を作ります。

歯科のホワイトニングが歯を白くする仕組み

歯科医院で使用するホワイトニング材に含まれる過酸化尿素や過酸化水素には、着色汚れを分解して、歯を漂白する効果があります。
歯を削って表面の汚れを落とすのではなく、内側から白くするのが歯科のホワイトニングです。ご要望に応じて、色を調整できるので、自然に仕上がるのも特徴です。

歯科のホワイトニングの種類

歯科医院で行うホワイトニングには「オフィスホワイトニングと「ホームホワイトニング」があります。それぞれに特徴がありますので、ご自身の目指す白さやライフスタイルに合わせてお選びいただけます。

1.即効性がある「オフィスホワイトニング」
歯科医院で行います。高濃度の薬剤を使用するので、短期間で効果を実感していただけます。

2.白さが長持ちする「ホームホワイトニング」
お好きな場所とタイミングで行います。ゆっくりと時間をかけて浸透させるので、白さが持続します。

オフィスホワイトニングのポイント

歯科医院にて、歯科医師または歯科衛生士の手で行います。薬剤に含まれる過酸化水素に、特殊な光を当てることで活性化させ、効果を高めます。強い薬剤ですが、プロの管理の元で行うので安心です。

即効性が高い
数回の通院で効果を実感できます。1度の施術で効果があらわれることも。お急ぎのときや、大事なイベントに合わせて歯を白くしたい方におすすめです。

プロに任せるので安心
プロの手で行うので、患者さん自身の手間が省けます。ムラになることもありません。施術中に痛みを感じても、すぐに対処してもらえて安心です。

色戻りが起こりやすい
短期間で歯を白くするので、色の戻りが早くなりやすいです。また、濃度の高い薬剤を使う分、しみたり痛みを感じたりする方もいらっしゃいます。

ホームホワイトニングのポイント

マウスピースを使って、ご自宅や好きな場所で行うホワイトニングです。お口に合わせて作ったマウスピースに、ご自身で薬剤を流し込んで、決められた時間だけ装着して歯を白くします。

好きなタイミングで行える
リラックスできる場所で、ご自身のペースでホワイトニングを行えます。通院時間の確保が難しい方、時間を有効に使いたい方におすすめです。

白さが持続する
ゆっくりと時間をかけて、薬剤を浸透させます。後戻りしにくく、白さが長持ちします。個人差はありますが、効果が出るまでに1ヵ月ほどかかります。

白さを調整できる
段階的に白くなっていくので、理想の白さになるまで続けられます。薬剤を追加購入するだけで、追加でホワイトニングが行えます。

ホワイトニングで気を付けていただきたいこと

●すべての人に同じ効果が得られるとは限りません。
●施術中や施術後に、歯がしみたり痛んだりすることがあります。一時的なものですので、ご安心ください。
●生まれつきの変色、抗生物質の副作用による変色、または神経を抜いてしまった歯の変色は、ホワイトニングでは白くなりません。
●後戻りを防ぐために、ホワイトニング後は、色の濃い食べものや飲みものは避けましょう。
●妊娠中や授乳中の方は、赤ちゃんへの影響が懸念されます。そのため、出産や授乳が終わってからホワイトニングを始めましょう。
●治療前の検査でむし歯や歯周病が発見された場合は、治療を優先し、お口の中が健康になってからホワイトニングを行います。
●ホワイトニングでは、人工的に作られたものを白くすることはできません。詰めものや被せもの、義歯を白くしたい方は、セラミック治療など、別の方法をご提案します。
●無カタラーゼ症の方は、体内に入った薬剤を分解することができず危険ですので、ホワイトニングは行えません。治療前のカウンセリングで持病や常備薬についてくわしくおうかがいします。
●エナメル質にヒビが入っていたり象牙質がむき出しになっていたりする場合は、薬剤がしみることがあります。

白さを持続させるためのタッチアップ&メンテナンス

ホワイトニングの効果を長持ちさせるためには、メンテナンスが大切です。歯の表面に着色汚れを溜めないように心がけましょう。毎日の歯磨きだけではなく、歯科医院での定期的なクリーニングとの併用が効果的です。元の色に戻ってきたと感じたら、「タッチアップ」とよばれる追加のホワイトニングを行って白さをキープしましょう。

予防・クリーニングについて詳しくはこちら 矯正治療について詳しくはこちら